カテゴリー別アーカイブ: コンテンツ

究極のチヌ釣りDVD チヌパラシーズン2 大知昭塾長×海野徹也先生

2015夏イベントでついに、実現しました

大知昭名人×海野徹也先生

の対談。

このチヌ釣り史上に残る対談を収録した
究極のチヌ釣りDVDにすることができました。

>> http://www.chinu777.jp/?pid=92741632

チヌ釣りのカリスマ大知昭塾長と

黒鯛の生態研究の第一人者 海野徹也先生

海野先生は
広島大学 大学院生物圏科学研究科の准教授です。

ただの研究家でなく、元がまかつフィールドテスターという
バリバリのチヌ釣り師というところがキモです。

お二人は30年来の旧知の仲。

ただ、昨年まで海野先生ががまかつのテスターだったこともあり、
なかなか接点が作れなかったのですが、
自由にご活動したい、というご意志で海野先生が辞められたので実現した夢の対談です。

セミナーには全国のOKJ塾生が集い、意識の高い塾生ならではの
鋭い質問も飛び交いました。

全94分 完全収録!!

ロクマルの狙い方は?
日本記録次に出るならどこ?
チヌの一番の好物は?
広島はなぜチヌが多いの?
チヌは真水で生きれるの?
バラしたら本当に散るのか?
チヌの五感は?
性転換したチヌはどれ?

新DVD発売に伴い、旧作のお値段も下げさせていただきました。
是非、この機会にどうぞ~

>> http://www.chinu777.jp/?mode=cate&cbid=1715042&csid=0

大知昭黒鯛塾 新潟の磯谷さんから質問

大知昭塾長、チーフマネジャー羽納様
いつも楽しく動画を拝見させて頂いております。

4期生、新潟県在住の磯谷と申します。

先日(3月1日)の釣行で、このようなことがありました。釣り始めから数時間、チヌが居そうな雰囲気はあるのに釣れずに時間が過ぎていきます。
納竿1時間前となり、マキエを余らせても仕方ないと思い、残りのマキエをドカ撒きしたところ、アタリが連発し、5枚のチヌが釣れました。この時はマキエがたくさん入ったので、活性が上がったのかと思っています。

そこで質問なのですが、マキエは同じ位の量をリズム良く打ち続けた方がよいのでしょうか。
それとも、量をセーブしたり、多めに撒いたりして変化を付けた方がよいのでしょうか。

また、マキエに途中から粒のオキアミや、さなぎミンチ等を加えたりすることはありますか。

なお、釣行時のマキエは生オキアミ3kgに対してチヌパワー遠投G、チヌパワーダッシュ、瀬戸内チヌを各1袋というものです。水深は2m程度の浅場で、朝7時~1時まで約6時間の釣りでした。

どうかご回答頂けますようよろしくお願いします。

甲田さんからのご質問

メッセージ本文:
大知昭塾長
初めまして、四期生(熊本)の甲田と申します。九州勉強会、塾長にお会い出来るのをとても楽しみにしていたのですが台風の影響で中止になり非常に残念です。(サインを頂こうと色紙まで準備していましたが、来年まで保管しておきます。)
さて、質問は根掛かり対策についてです。地磯等で底までゆっくりナビを抜いていき、はわせた状態で待っていると頻繁に根掛かりするような場所での対策はどのようにしたらよいでしょうか。そういう場合は全層釣法は難しいのでしょうか。ご教授お願いいたします。